結婚相談所比較

結婚相談所比較まとめ、料金・会員数・成婚率・年齢層の選び方

更新日:

結婚相談所選び方

結婚相談所の資料を取り寄せれば、あとは実際に気になる相談所があるかどうかを比較します。

多くの人が料金面を重要視しますが、それ以外にも大事な点はあります。

お金の面に加え、会員数や成婚率、年齢層なども見比べることで理想の結婚相談所がグッと見えてきます。

このページでは、結婚相談所の比較方法や選び方について紹介します。

結婚相談所の選び方!資料はココを比較する

結婚相談所の「料金」で比較

結婚相談所比較料金
結婚相談所のパンフレットでまず見るべき点は、当然ながら料金。初期費用や月会費が高ければ必ず結婚できるというわけではありませんが、安すぎるとそれだけ良い人と出会うためのハードルが上がるのも事実です。

また、成婚料は無料ではない結婚相談所のほうが個人的にはおすすめ。なぜなら成婚料が発生することで、会員の結婚退会が結婚相談所側にとってもメリットになるので、サポートに一切の手抜きがなくなるからです。

結婚相談所は基本的に長々と通うものではありません。半年決戦ぐらいの気持ちで臨むぐらいがちょうどいいです。

実際に半年間で退会ができれば、ライザップに通うのと同じぐらいの費用で運命の相手と巡り会えたことになります。

結婚相談所に通う費用は、多くの人にとって決して安いものではないでしょう。ただ、中には3ヶ月の返金保証などのサポートを実施しているところもあるので、自分の婚活プランに合った結婚相談所を選びましょう。

関連記事⇒結婚相談所の「 料金」を比較!価格差の理由はサービスの"質"

結婚相談所の「会員数」で比較

結婚相談所比較会員数

あくまで目安ですが、会員数も結婚相談所を比較する上での指標のひとつです。

ただ、「ズバッと結婚サービス比較」で資料請求できる結婚相談所は、どこも充分な会員数と実績を持っているので、あまり意識しなくてもいいでしょう。会員が何万人いようと、実際にお会いできるのは数人なわけですから。

また、結婚相談所には「成婚率」というデータがあります。1年以内の結婚退会者数を割り出しのものですが、結婚相談所によって計算方法が違ったりするので、こちらも参考程度にとどめておくのがおすすめです。

関連記事⇒結婚相談所を「会員数」と「成婚率」で比較

結婚相談所に登録している人の「年齢層」で比較

【パートナーエージェントの年齢比較表】結婚相談所比較30代

結婚相談所では、恋愛の対象となる男性の年齢層は自分よりも年上であることが一般的です。

基本的に自分より年下の男性とマッチングするケースはレアだったりします。

例えば30代前半の女性の場合、30代半ば〜40代前半の男性が多い結婚相談所を選ぶとニーズがマッチしやすいです。

少しズルい表現にはなりますが、パンフレットを比較してみて、自分の市場価値が最も高くなりそうな結婚相談所を選ぶのもひとつの手段ですね。

関連記事⇒結婚相談所を「年齢」で比較!30代女性におすすめの選び方とは

結婚の「35歳の壁」が来る前に行動を

結婚相談所比較選び方

女性の婚活には、「33際の壁」と「35歳の壁」があると言われています。

これは、35歳を越えての初産は、出産のリスクが高くなるという認識が広まっていることが原因です。

女性が男性を選ぶ際にある程度の「経済力や職業」を求めるのと同じで、男性は女性に対して「容姿や年齢」を求めます。

晩婚化が進んだ近年では決して35歳以上の初産も珍しい話ではないものの、まだまだ世間のイメージとして定着していないのが事実。男性は、女性の年齢を35歳から逆算して「33歳」が交際できるギリギリのラインと考える人が多いです。

実際に、33歳を境に申込数が減っていくというのが結婚相談所の現実です。もちろん、それでもまだまだ良い人と出会えるケースは少なくありません。

ただ、今度は「35歳」を越えたあたりでまた出会いの数が減っていきます。そして、最後の壁が40歳だと言えるでしょう。

もちろん一概に年齢だけで全てが決まるわけではなく、ただの統計上の話です。

でも、女性の30代は一日一日がダイヤモンドより貴重であることは間違いありません。

余計な回り道をせず、一直線に目標へと向かいましょう。

関連記事⇛結婚相談所の比較に一番大切なのは一括資料請求をすること

-結婚相談所比較

Copyright© 【30代女性向け】結婚相談所比較!ネットに騙されない選び方とは? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.