結婚相談所比較

結婚相談所の「 料金」を比較!価格差の理由はサービスの"質"

更新日:

パートナーエージェント ツヴァイ IBJメンバーズ 楽天オーネット
初期費用 125,000円 145,000円 165,000円〜 106,000円
月会費 16,000円 13,800円 15,000円 13,900円
成婚料 50,000円 0円 200,000円 0円
半年間の目安料金 27,1000円 227,800円 45,5000円〜 189,400円

結婚相談所を比較するにあたって、料金はとても大事な項目。それぞれ料金体系が異なり、半年や1年単位で考えると数万円以上の価格差があります。

しかし、安いには安いなりの理由があるのも悩むポイント。もちろん、料金が高いからといって必ず良い出会いに恵まれるとも限りません。

結婚相談所を選ぶときは、額面上の金額も大事ですが、その結婚相談所のサービスや、返金保証などのサポートなども踏まえて検討するべきです。

このページでは、一括資料請求で取り寄せられる結婚相談所の中から、主要4社の料金を比較。さらに、成婚料が発生することの意外なメリットや、実際に結婚相談所に通う期間について解説します。

結婚相談所主要4社の料金比較

パートナーエージェント

初期費用 125,000円
月会費 16,000円
成婚料 50,000円
半年間の目安料金 27,1000円(成婚料含む)

パートナーエージェントのメインプランである「コンシェルジュコース」の料金表です。結婚相談所のなかでは中の上ぐらいの価格設定だと言えるでしょう。決して安い価格ではありませんが、成婚に向けた強力なサポートが受けられるのがメリットです。

ちなみにパートナーエージェントではこの他に、月会費7,000円の「イベントコース」というプランもあります。ただ、イベント開催がメインなので、本格的な結婚相談所のサービスは「コンシェルジュコース」となります。

また、良い出会いがなかった場合に3ヶ月までなら返金保証される制度があるのはパートナーエージェントの大きな魅力ですね。

ツヴァイ

初期費用 105,000円〜145,000円
月会費 13,800円
成婚料 0円
半年間の目安料金 187,800円〜227,800円

ツヴァイがメインとしている料金プランは、「パーソナルサポートプラン」と「パーソナルサポートプラン アクティブ」の2種類です。

初期費用が145,000円の「パーソナルサポートプラン」は、婚活アドバイザーが初対面時の出会いをしっかりセッティングしてくれます。「パーソナルサポートプラン アクティブ」は当人たちで会う段取りをセッティングするため、初期費用が40,000円ほど安くなります。

他にも地方の店舗のみで利用できる「エリア限定パーソナルサポートプラン」や「20代割」などのサービスを取り扱っています。

IBJメンバーズ

初期費用 165,000円〜380,000円
月会費 15,000円
成婚料 200,000円
半年間の目安料金 45,5000円〜670,000円(成婚料含む)

IBJメンバーズは、初期費用165,000 円の「エントリーコース」からフルサポートが受けられる「プライムコース」まで、4段階の料金プランがあります。

それだけに、成婚までのサポートはかなり徹底されていることで有名。また、ハイクラスであるほど、会員の男性もそれなりの資金力がある可能性が考えられます。

ちなみに成婚せずに中途退会する場合、最初に支払う入会金から一部返金される制度があります(返金額は在籍期間が短いほど多くなります)。

楽天オーネット

初期費用 106,000円
月会費 13,900円
成婚料 0円
半年間の目安料金 189,400円

楽天オーネットは、比較的安価で婚活できるのが特徴。仮に活動期間が1年に及んだ場合でも、272,800円なので、コストパフォーマンスには優れていると言えるでしょう。

また、活動開始から2カ月以内の退会であれば、初期費用の一部が返金されることがあるのも魅力です。

「仲介型」か「データマッチング型」で結婚相談所の費用に差が出る

パートナーエージェント ツヴァイ IBJメンバーズ 楽天オーネット
初期費用 125,000円 145,000円 165,000円〜 106,000円
月会費 16,000円 13,800円 15,000円 13,900円
成婚料 50,000円 0円 200,000円 0円
半年間の目安料金 27,1000円 227,800円 45,5000円〜 189,400円

同じ結婚相談所でもここまで差がある理由は、運営スタイルによるものです。主要4社の中で、パートナーエージェントとIBJメンバーズは「仲介型」、ツヴァイと楽天オーネットは「データマッチング型」となります。

「データマッチング型」は、会員同士が自分たちで連絡を取り合い、会うかどうかも当人同士で決め、場所や時間も自分たちで指定して出会います。自由度が高く、最初から二人だけで関係構築したい人とっては魅力的です。

ただ、自由なぶんドタキャンがあったり、恋愛に発展しづらい側面も少なからずあり、時間と労力がかかります。マッチングアプリと従来の結婚相談所の中間的なイメージですね。

「仲介型」は、初回の出会いを担当者(仲介者)がセッティングします。最初は担当者も同席してお話ができるので、段階的に恋愛を進められます。

いきなり知らない人に会ってコミュニケーションを取るのが苦手な人は、こちらがおすすめですね。デメリットはデータマッチング型よりも料金が高くなってしまうことですが、そのぶん真面目に婚活へ取り組む人が多いのも特徴です。

成婚料がある結婚相談所がおすすめ

結婚相談所によって、結婚退会時の成婚料を取るところと無料のところがあります。普通に考えると成婚料0円のほうがお得なように思えますが、実はそんな単純な話ではありません。

成婚料が発生することは、当然ですが結婚相談所にとってのメリットです。一方で成婚料が発生しない場合、会員が結婚したとしても結婚相談所にメリットはありません。

つまり、悪い捉え方をすれば、成婚料が発生しない結婚相談所は会員を結婚退会させる理由がないのです。もっと言えば、長く在籍してもらうほど月会費によって売上が増えるわけですね。

もちろん、だからと言って成婚料0円の結婚相談所が手を抜いているなどということはないでしょう。成婚率が下がれば、それだけ評判に傷がつくことになります。

ただ、成婚料が発生する結婚相談所のほうが信頼性が高いのは事実。なぜなら、「会員」と「結婚相談所」の双方にメリットがあることで、同じ方向を向いて結婚というゴールを目指せるからです。

結婚相談所に実際に通う期間は半年を目標にする

結婚相談所に通う人の多くは、1年以内に結婚を決めます。これはどこの結婚相談所もデータが共通していて、入会から1年以内の会員が最も成婚率が高いのです。

そして実際は、もっと短期決戦のつもりで活動するのがおすすめ。相手選びの段階で10ヶ月近くも悩むようでは、1年以上経っても理想の相手を決めきれないとう結果になる可能性が大です。

理想としては、3ヶ月以内に出会い、4ヶ月目から交際をスタートさせて半年前後で退会するというかたちです。現実に、入会して1ヶ月後に出会った男性が結果的に夫になったというケースも少なくありません。

結婚相談所でかかる料金は、多くの人にとって安いものではないでしょう。ただ、半年間で結果を出すのであれば捻出できないことはないはず。ライザップに通うのと同じような価格で、本格的な婚活に取り組むことができます。

ズルズルと長引かせるのではなく、きっちり期間を決めて望むほうが上手くいく可能性は高いですよ。

トップページ:【30代女性向け】結婚相談所比較!ネットに騙されない選び方とは?

-結婚相談所比較

Copyright© 【30代女性向け】結婚相談所比較!ネットに騙されない選び方とは? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.